遺産分割協議前であれば、譲渡することができます

遺産分割協議前であれば、各共同相続人はその有する持分を、他の共同相続人(または、第三者)に譲渡することができます。

この場合、CからBに対する「相続分の譲渡」を登記原因としたC持分全部移転の登記を省略して、B及びCから、Aに対する「遺産分割」を登記原因としたB だから不動産スタッフブログの相続コラムについて書かれた記事です。

このケースで最悪なのは、現在の妻にも子Bにも前棔の子Aの存在が知られていない場合です。

私としては、過去の出来事を隠さず相続に備えることが重要です。


離婚相談・相続相談なら東京にある法律事務所にお任せ下さい。

無料で離婚・相続相談をはじめ、家族問題のトラブルや不動産問題など様々な法律相談を行なっております。

亡くなったAさんに遺言がある場合は遺言に従って相続します。

Aさんが息子Cに甲土地を相続させるという内容の遺言をしていれば、遺産分割協議がなくてもBがこの土地を相続します。

まず、 遺言があるかどうか確認してみましょう。

川崎 相続について行ってみよう!なんと相続時の財産の分け方である代償分割は活用しやすい反面、注意しないと贈与税が発生してしまうことも。

理由は、兄Aは相続財産を受け取っていないのに、弟Bに500万円を支払ったからです。

このブログ記事について

このページは、smartpackaging.orgが2016年5月20日 10:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「どこのメール便サービスが良いのか」です。

次のブログ記事は「 ビットコイン(BTC)が急騰中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.161-ja